SSブログ

Some Girls Delux Edition - The Rolling Stones - [The Rolling Stones]


女たち<デラックス・エディション>

女たち<デラックス・エディション>

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/12/07
  • メディア: CD

本当に久しぶりの記事。うまく記事をアップできるかしら。

さて、この秋~初冬にかけてのStones、怒涛の蔵出しですね。
Live in Texas、Stones ArchiveからのThe Brusseles Affair、
そしてSome Girls Delux Edition。お宝大放出!

Some GirlsはSuper Deluxには手が届きませんでしたが、Deluxは得意の輸入盤で早速入手。
Disc 2には、12曲ものBonus Track! わ~いアルバム1枚分だ。

さてその12曲のBonus Track、良かった良かった。大満足です。
大満足しつつ、個人的にはとても面白い印象を持ちました。
Some GirlsのOuttake集というよりも、刺青のOuttake集というような感じなのです。
刺青とセットにすると、立派な2枚組オリジナルアルバムになりそう。
あんまり刺青っぽく感じない曲もいくつかありますが、それらは逆に時代をさかのぼり、
山羊やIt's Onlyの頃の香りがしました。

Disc 2を聴きながら、当時録音した多くのトラックから10曲を厳選し、磨上げることで、
あの時代の空気を反映し、かつその後のStonesの方向性を決定づけた名盤、
Some Girlsが生まれたんだな、と想像を巡らせてます。

そして過去のOuttakeを集めて作られたと言われる刺青の出自に、改めて納得。

それにしても、一昨年のGet Yer Ya-Ya's Out拡大版、
昨年のLadies & GentlemenとExile拡大版、
そして今年のLive in Texas、Some Girls拡大版、そしてBrussels Affair。
さて、来年はどんな蔵出しを見せてくれることやら。

個人的には、これまだデカくてウマそうな、Keithの蔵も覗いてみたい。

Claudine


So Young



No Spare Parts, It's Only Rock 'n' Rollの頃みたい



You Win Again、Hank Williamsのカバー



nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 6

まり

ブルーレイとライヴCDは良かったですが やはりスタジオ録音のアルバムも欲しい。
BF君とて 自由になるお金は限られてるし 頭を悩ますところです。
まあ ストーンズをスルーしてきたので 新鮮で楽しめるのが
私たちの得してるところですね♪
by まり (2011-12-03 19:42) 

DEBDYLAN

ご無沙汰です^^:
金ないけど豪華なBOXが欲しい・・・
とりあえずボーナス・ディスクだけでも聴いてみたいっっす!!


by DEBDYLAN (2011-12-04 00:52) 

substitute

まりさん、こんにちは。
いや~、ライブのBD+CDも良かったですね。
このSome Girls拡大版もいいですよ~。
僕は輸入盤で安く、1,800円くらいで手にいれました。
僕もブートには殆ど手を出して来なかったので、
こういう蔵出しはとても新鮮で楽しめます
by substitute (2011-12-04 12:09) 

substitute

DEBDYLANさんこんにちは。ご無沙汰してます。
コメント&Niceどうもです。
Boxは、豪華なようですね。
ボーナス・ディスク、エエですよ
by substitute (2011-12-04 12:12) 

Backstreets

ご無沙汰しております。
私も Super Deluxe Edition とやらにはまったく手も足も出なかったので、Deluxe Edition で我慢しました。映像やポスターや写真集はすぐに飽きるだろうしと心の中でいい聞かせながら 。
さて、『Some Girls』を改めて聴いていると、カントリー・ミュージックの影響がより明白に伝わってきます。発売当時より自分が歳を取ったからでしょうね。"Claudine" を始めとするアウト・テイク集も嬉しい限り。ただ、肖像権の関係なのか、マリリン・モンローやジュディ・ガーランドの顔が塗りつぶされたままのジャケットは残念です。
今年の展開も楽しみですが、散財の憂き目にはあいたくありません。ストーンズ関係の皆様にはお手柔らかにお願いしたいものです。
by Backstreets (2012-01-09 19:29) 

substitute

Backstreetsさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
Some Girlsの録音時期は、Keithがトロント事件で不安いっぱいの時期と重なり、当時彼は不安の中カントリー的な音に向いていた、というような記事を、レココレ1月号で読みました。アウトテイク集もカントリー色濃いですよね。
懐具合は心配ですが、Stonesの蔵出しはこれからも楽しみです。
by substitute (2012-01-09 22:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Love & Peace & Guita..早世したロッカー達 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます